屋根塗装を成功させる!把握しておきたいポイントを詳しく紹介

屋根塗装で押さえておいてほしいのが、業者選びと使用する塗料です。
安さを売りにする業者よりも多数の実績を持つ業者を優先するとしっかりとした施工をしてくれます。
また塗料を選びでは10年から15年維持できるシリコンをベースに15年から20年持つフッ素がおすすめで、業者に施工実績がある場合は最先端のハイブリッド塗料を利用する方法もあります。
業者選びと塗料選びの2つを押さえておけば、屋根の塗装の失敗を避けられます。

屋根塗装を成功させる!把握しておきたいポイントを詳しく紹介

屋根塗装を成功させるポイントは、まず業者選びになります。
実績ある業者を選ぶことで手抜き工事や連絡できないといったトラブルを防げます。
格安を提案する営業担当者につられてしまうと失敗することもあるため、費用ではなく過去の実績についても確認しておくことをおすすめします。
また塗料選択も重要になります。
直射日光を受ける屋根は劣化しやすいため、最低でもシリコン塗料を採用するとよいでしょう。
最近では有機成分と無機成分をミクロ単位で配合したハイブリッド塗料が登場していますが、先端塗料であるため必ず実績のある屋根塗装業者に依頼しましょう。

一般的な住宅での屋根塗装の費用相場

一般的な住宅の屋根塗装の相場価格は、40万円が目安と言われています。
あくまでこの費用は目安であり、提示された見積書を見る際にそれより高いのか低いのかを見極めるための、1つの基準として覚えておいてください。
続いて屋根塗装の費用が妥当であるのかを判断するための、内訳のチェックポイントも見ていきます。
工事費ならびに人件費が3割、塗装代と足場代がそれぞれ全体の2割であればまともな内訳と言えます。
屋根塗装費を正しく判断するには、これら1つずつの比率がこの割合から大きく外れていないかを見ることが大切です。
もちろん選ぶ塗料や屋根の規模、工事を行う内容によっては比率が少し異なってきます。
しかし塗料費が全体の6割以上を占めるなど、明らかに比率がおかしい見積書を提案された場合は工務店に必ず説明を求めるようにしてください。
この時に明確な理由を説明できなかったり、ごまかそうとしている場合は見積額や作業内容を疑った方が良いです。

屋根塗装の際や足場の安全性を確保する必要がある

屋根塗装は必然的に高い場所での作業となるので、しっかりとした足場や安全性の確保が大事だといえるでしょう。
屋根塗装は時に傾斜している足元の上で作業を行いますから、履物もそうですし安全対策も重要になってきます。
主に横移動に用いる足場は特に重要で、組み立てが不十分だと作業中にぐらついて転落や倒壊する恐れがあります。
しかし、万全の体制でも完璧というものはなく、常に想定外の事態が起こることを考えておくことが不可欠です。
安全性の確保に終わりはありませんし、二重三重の対策をすることが結果的に安心感に繋がります。
安心して作業に集中できることは、屋根塗装において大切なことですし、やはり不安が拭えない環境だと工事の進みが遅くなります。
屋根塗装の際には、工事をする人が安心して体を預けることができたり、集中できる環境の構築を考え、起こり得る事態を可能な限り想定して対策することがポイントになるのではないでしょうか。

屋根塗装で使用する耐用年数は必ず確認

屋根塗装で使用する塗料にはそれぞれ耐用年数があり、寿命や次の塗り替えのタイミングに影響するので、必ず確認することが重要ではないでしょうか。
一般的に屋根塗装のスパンは10年に一度といった間隔ですが、中には15年や20年の寿命を持つ塗料もあります。
ただ、比較的長寿命の塗料はコストが高いですから、安く請け負う屋根塗装でそのような耐用年数に期待するのは難しいです。
ぬか喜びをして後々追加でコストを支払うという事態を避ける為に、屋根塗装で使用される塗料は予めしっかりと確認することが大事です。
ワンランク上を選んだつもりが通常のグレードだった、そういうトラブルを防ぐ意味でも確認の重要性は高いです。
これは作業を行う業者のミスを防ぐことにも繋がりますから、手間だとしても念の為確認することをおすすめします。
年数というのはあくまでもメーカーが予測するもので、表示通りの寿命に期待できるとは限りませんが、それでも把握しておくことは大切だといえるのではないでしょうか。

屋根塗装に適した時期に実施しよう

屋根は強い紫外線や雨風の影響もあり、日々劣化が進んでいます。
屋根の劣化が進むと雨漏りなどのリスクも高まり、家の耐久性にも大きな影響が出てきます。
屋根の劣化を防ぐには定期的なメンテナンスも必要ですが、一般的なメンテナンス方法では屋根塗装がよく選ばれています。
屋根塗装を定期的にし直すことは劣化を防ぐだけではなく、外見を美しく保つ効果もあります。
屋根塗装には適した時期とそうでない時期もありますので、いつ頃依頼するのが良いのかも知っておきたいところです。
塗装は年間を通していつでも行うことはできますが、特に人気が高いのは春と秋です。
雨が多い季節では、作業が思うように進まないこともありますが、春や秋や比較的雨も少なく湿度や温度も安定しています。
夏場は塗料が乾きやすいというメリットもありますが、この季節は夕立などの突発的な雨の影響も受けやすい傾向にあります。
冬場は晴天も多く、作業が順調に進むというメリットもありますが、低温ということもあり工期が長くなりがちです。

筆者:桑野敏彦

筆者プロフィール

北海道函館市生まれ。
屋根塗装する際に役立つ情報を発信しています。
函館で屋根塗装するなら